手相の見方

健康状態を観る【健康線】

手相は、今の生活を続けたらどうなるか?を示していることが多々あります。「太陰環や放縦線」「生命線下部に出る島」とかかがあり、健康状態を示す【健康線】というのもあります。

健康線の出方

健康線は、ほとんどの人に出ています。↓のように、生命線下部から知能線に向かって斜めに伸びる線です。生命線とくっついてないことが多いです。

健康線は、身体の調子によって変わりやすい。

健康線は、本人の身体の調子によって、線の形状が変わります。他の線に比べて、ちょくちょく変化があります。基本的には、健康線=健康を示すわけではないので、この線は無いほうが良いです。

この健康線が、生命線を横切っていない+1本線ですっと伸びてる状態ならば、さして心配は無いですが、ちょっとお疲れモードかな?って感じです。

生命線を横切るほどに伸びたならば、健康状態が悪いことを示しています。また、横切る流年で何かしらの病気や体調不良となることを示します。

睡眠不足などの不摂生生活が続くと、このような↓線になってきます。生命線を横切っていたら、ゆっくり睡眠を取るとか身体を休めましょう。

通常は、1本線となっている健康線ですが、身体の状態により切れぎれになったり、くねくね曲がったり、大きな島になったりします。形状の変化を観て、今どこが調子悪くなっているかが判断できます。

健康線の状態が悪くなれば、身体のどこかが不調になっていることなので、生活や食習慣を見なおしたほうが良いです。どこか無理をしているってことになりますからね。

似て非なる線

よく似た線に【起業線】があります。線の角度・出方としては、とても良く似ています。

生命線を横切る起業線

起業線と健康線の区別は、小指の下「水星丘」まで届いているか否かです。起業線であれば、生命線を横切っても心配はいりません。

\ スポンサーリンク /

-手相の見方
-

パナセ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。

人気エントリー

手相の見方

おすすめコンテンツ

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5