手相観ぱなせ

岡山市北区で手相鑑定を主にした個人コンサルティングを行っています。自分の手相を知ることは「自分らしく生きる道標」になります。あなたがあなたらしく生きるために手相を活用して下さい。

手相観ぱなせ

「徒然草」第百五十段を知る。

      2016/02/27    

最近、東京からの方が続いています。今日も昨日もその前も東京から来て下さいました。旅行がてらの方もいれば、鑑定だけを目的に来て下さる方もいて、大変ありがたいです。

「大好きなお菓子なんです。」と頂いた『グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート』>覚えられない。(笑)確かに!めっちゃ美味しいです。缶々も可愛くて嬉しいです。Yさん、ありがとうございます。
20160225_1-min

私の老後の楽しみでお土産紹介をしていますが、お土産は必要ないですからねー。

スポンサーリンク

鑑定以外にも色々なアドバイスありがとうございました。

そのうちの一人の方が、感想メールを送ってくれ、「ブログで紹介していいですか?」と聞くと、「ブログネタのひとつになれるのは光栄です(笑)」と気持ち良くネタ使用の了承を頂いたので紹介します。Sさん、ありがとうございます!

手相鑑定して頂きましたSです。
鑑定以外にも色々なアドバイスありがとうございました。

本日、東京に戻りました。
帰り道、本屋にてお勧め下さった本を購入したので
明日からそれらを参考にブログを始めます。

WEBに興味があるけど、まだ何も手を付けてない状態ってことだったので、ブログで収益を上げていく方法をアドバイスし、この本↓を読んでみることを勧めました。

早速、購入されたとのこと。その行動力は素晴らしいですね~。

私も新しいことを学ぶ時は、評価の高いマニュアル本を数冊書い、分からないながらでも全ページきっちり読んで、ざっくりと知識をいれて、なんとなくても出来ることをイメージしてから実践し、失敗しながらモノにしてきました。

やっぱりね。闇雲にやってみるより、きちんと基礎・基本をおさえて始めたほうが効率が良いですからね。

兼好法師の「徒然草」第百五十段をご存知でしょうか。

鑑定の翌日、厳島神社に参拝したのですが
引いたおみくじが「大蛇退治兆(吉)」という何とも勇ましい結果で(笑)
これから始めようとすることを後押ししてくれる内容でした。

ぱなせ様は、兼好法師の「徒然草」第百五十段をご存知でしょうか。
数年前、良い言葉だと思って手帳に書き写して、それきり忘れていたのですが
帰りの飛行機で突然思い出されて見てみたら、今の自分にぴったりの言葉でした。

何だか、鑑定して頂いてからこっち、色々なものに
やるなら「今でしょ!」と言われている気がしてちょっと心強いです。

徒然草の存在は知ってるけど、よく考えれば、まともに読んだことなかったです。徒然草(つれづれぐさ)を調べてみると、鎌倉時代後期に吉田兼好が書いた随筆だそうで。

「徒然草」の意味は、簡単に言うと、「ヒマでやること無いから書きなぐってみた」って感じみたい。(笑)「つれづれなるまま・・・」の書き出しは私も知っていましたが、あまり意味も分かってないままに使ってました。

「徒然草」第百五十段

で、せっかくなので「第百五十段」を調べてみました。Turezuregusa(徒然草)より、原文と現代訳語をお借りしてきました。

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

これから芸を身につけようとする人が、「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好良い」などと、よく勘違いしがちだ。こんな事を言う人が芸を身につけた例しは何一つとしてない。

まさに現代にも通じます。実際、こんな人、多いです。「まだ準備ができてない」とか「もう少し考えてみてから」とか、どこまで準備して、どこまで考えれば動き出すんでしょう。

鎌倉時代でも同じような人が多くいたんですねー。そう考えると、人間ってあまり進化してないのかもしれません。なんか面白いというか興味深いというか・・・。(・∀・)

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるゝにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。

まだ芸がヘッポコなうちからベテランに交ざって、バカにされたり笑い者になっても苦にすることなく、平常心で頑張っていれば才能や素質などいらない。芸の道を踏み外すことも無く、我流にもならず、時を経て、上手いのか知らないが要領だけよく、訓練をナメている者を超えて達人になるだろう。人間性も向上し、努力が報われ、無双のマイスターの称号が与えられるに至るわけだ。

へっぽこであっても平常心で淡々と努力を続ければ、時を経た時に努力が報われると。ですよねですよ。誰でも、はじめの一歩があり初心者からのスタートですもんね。

以前、【努力を続けると、”天才”にも成り得る!】にも書いた通り、正しい努力が継続できれば、その道の天才にも成りうると思ってます。

天下のものの上手といへども、始めは、不堪の聞えもあり、無下の瑕瑾もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。

人間国宝も、最初は下手クソだとなじられ、ボロクソなまでに屈辱を味わった。しかし、その人が芸の教えを正しく学び、尊重し、自分勝手にならなかったからこそ、重要無形文化財として称えられ、万人の師匠となった。どんな世界も同じである。

「自分勝手にならなかったからこそ・・・万人の師匠となった。」に、ぐっときますね。自分勝手=我流に走るってことにもなるのかな?【正しいカレーは、本当においしい。】で書いた通り、「基本を忠実に」ってことですね。

「徒然草」って面白いですねー!原文が読みづらいので敬遠していましたが、現代訳語で分かりやすい本もたくさんあるようです。とりあえず、「第百五十段」を知ることができ、1つ賢くなりました。Sさん、ありがとうございます。(・∀・)

↓せっかくSさんが教えてくれたので読んでみます!これとか良さそう。

未来は白紙です!手相も未来も、自分次第で変わります!

初心者丸出しでブログをスタートするのは、
見栄っ張りの自分には、やっぱり恥ずかしいことなのですけど
最初にみっともないところを見せれば、後は何も怖くないと
自分に言い聞かせております。

次また鑑定をお願いするときまでに、
今より良い形に手相が変化しているように頑張ります。

ちょっと厳しい言い方をすれば、他人は無名の他人に興味がないんですよ。だから、”恥ずかしい”とか”みっともない”とかの感情は一人相撲でしかないんですよね。

何事も、あまり難しく考えずに、まず実践!動けば、確実に景色が変わりますから。あなたは、まだまだ若く、未来は白紙です。どんどん、新しい世界を広げていって下さいね!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連記事

手相鑑定のご感想2

  2012/11/25

NPOセルフィッシュの代表 内藤さんのブログに手相観の感想を書いて頂きました! …

お礼はがきを頂きました!(追記あり)

  2013/07/11

先日、山口の方から手相鑑定書+吉方位鑑定書作成の依頼を頂きまして、数日間かけて作 …

40代女子、がんばります(*^ー^)ノ

  2015/08/14

先日、「手相は、受け取り手の捉え方により吉凶が変わる。」で紹介したSさんからメー …

Popular weekly entry