鑑定日記 お土産

完璧も完成も無い世界感の中で、私たちは生きている。

2020/2/22

今日は、30代前半の方が鑑定に。左手は、生命線と知能線がくっつく一般常識人で。右手は、離れ型+二重知能線な人で。加えて、どちらの手も細かい線がたくさんある人で。

細かい線が縦横いっぱいに出てる人は、頭脳労働に向いている!

続きを見る

手相が現してる通り、とても細かやかな、才能豊かな人であることは一目瞭然で。聞けば、絵も書けると見せてもらったものは、私好みのイラストで。

ノートに書いてる文字も細かやかで、もう性分なんだから、そうした性分を抑え込もうとすることは辞めて、めーいっぱいニッチな世界を突き進んでいくことを勧めました。(・∀・)

お土産も細やか。

帰り際に頂いたお土産。猫ちゃんにもと、猫様にもお土産を準備してくれる細やかさ。

お家に帰って開けてみれば、「三國屋善五郎」さんの黒豆焙茶とチョコレイト羊羹が!チョコレイト羊羹とな?コレは、興味津々!

猫ちゃんにもとくれたお土産も、シール部分を開けてみれば、手書きのメッセージが!なんて細やかな!

細かやすぎて、色んなことに気づきやすい分、傷つきやすい面もあると思うし、自分自身でもコミュニケーション能力に自信が無いと言われていたけど、私から見れば才能がありすぎて、自分で自分を使いこなせてないように思えて。

厳密に言えば、死なない限り、どんな経験も【失敗】にはならないんだから、思い切ってアウトプットせよ!と、思いっきり背中を叩くイメージでハッパをかけてきました。๑(ΦωΦ)๑

まだ30代前半。35歳までの数年で、どんな行動をしていくかで、その後の人生が大きく変わることは確かなので、完璧も完成も目指さず、とにかくアウトプット(他人の目に見えるようにすること)して、才能を形にしていってほしいと思います。

Hさん、お土産をありがとうございます!ここからの数年を、楽しんでやっていって下さいね!きっと、大化けしますよ~。あなたの大変身を楽しみにしています!

\ スポンサーリンク /

-鑑定日記, お土産

パナセ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。

人気エントリー

手相の見方

おすすめコンテンツ

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5