天才の脳は、分解から世界中に散らばっている。

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

NHKスペシャル「消えたアインシュタインの“脳”の行方を徹底追跡!」を見ました。めちゃくちゃ面白かったです!

アインシュタインの死後、解剖され脳がまるまる取り出され、それらが細かく240ものブロックに切り分けられ世界中に散りばっていることを、はじめて知りました。

今回、アインシュタインの脳が3Dで立体化されたんだけど、一般人に無い部分があったりで、やっぱ天才の脳は研究対象に値する脳であったようです。

「天才の脳がどうなっているか知りたい」という科学者の探究心は、本当にスゴイもんですね。

↓全部、アインシュタインの脳の断片

↓形が崩れないようにと劣化しないように、特殊なもので包んでいるらしい。

1955年に76歳で亡くなり、その時、解剖した医師が脳をまるっと持って帰ったわけですが、この解剖した医師が、2007年に94歳で亡くなったと聞いて、「最近の話じゃんっ!」と思いました。

死後63年経過してるんですが、断片となった脳でも、今の技術を用いれば、色々なことが分かるらしい。

天才の脳を知ることで、未来に繋がる情報を得ることが出来るなんてスゴイな・・・とは思うんですが、本人は自分の脳が調べられていることを、どう思うんでしょうねー。

PR