日記・雑記

時代の変わり目に生きる私たち

2019/7/9

ジャニーさんが亡くなったと速報が流れました。速報に合わせて、ニュースでも事務所発表のコメントが出され、全文をアナウンサーが読み、ジャニーさんの軌跡を流し始めたんですが・・・そんなすぐに準備できるもの?>完全に示し合わせてたよね?

速報が出たばかりなのに、特集コーナーに切り替わり、内容を変えて、最後までジャニーさんの話で終わりましたよ。テレビ業界との関わりが長く深いといえども、民間企業の社長の訃報に合わせて軌跡の特集をニュース番組が流すものですかね?

ニュース番組というより、ただのワイドショーだわな。テレビ局とジャニーズ事務所との繋がりの強さが全面に押し出されて、まぁそういうものだよね。と大人な世界に一人納得。

しかし。ジャニーさんが亡くなったこと、これからジャニーズ事務所がどう変化してくるのか?タッキーが経営に関わってるし、これから若い人たちのプロデュース力に期待ですね!

ネットを上手に活用すれば、世界中にファンが作れるし権利収入も得られて、もっと大きなエンターテイメント事務所になると思うんですよ。

戦争を生き抜き、昭和⇒平成のエンターテイメント世界を取り仕切っていた時代の寵児が、令和元年に亡くなったことに、なにか感慨深いものを感じます。時代の変わり目にいることを強く実感しますね。

もう1つ、重要なニュースが!

時事ドットコム
ハンセン病、控訴見送り=安倍首相表明、家族賠償確定-政府、原告以外含め救済検...
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070900892&g=pol
安倍晋三首相は9日、ハンセン病元患者家族への差別に対する国の責任を認めた6月の熊本地裁判決を受け入れ、控訴を見送ると表明した。これにより、国に計約3億7600万円の賠償を命じた同判決が確定する。首相の判断を受け、政府は原告以外の元患者家族の救済方...

ハンセン病の元患者さんの家族さん達の訴えが認められ、政府も控訴を断念したと。

これは、本当に良かったと思う。岡山には、ハンセン病の方々が隔離された長島愛生園があり、地域のニュースでよく見ていたので、皆さんの苦しさが少しでも癒やされたらと思います。

日本におけるハンセン病患者さんたちへの大きな誤りは、1981年には治療法も治療薬も確立され治る病気となっていたのに、1996年まで強制隔離する「らい予防法」を廃止しなかったことです。

15年も苦しみを長引かせたことに憤りを感じます。15年早ければ、親子や家族の再会ができた人もいるだろうに・・・と思わざるえません。無知が差別を助長することを心して置かなければと思います。

令和に入って、何をと説明できないけど、価値観も常識も当たり前も普通も変わってきてることを感じます。社会も世界も変わってきてるよね。この世とあの世の境目にも変化が起こっているようにも思います。

この変化の時。バタバタ焦ったとこで、明日は何も変わらないわけで。難しいことを考えずに、ただ今日を今を生きていきましょー!

\ スポンサーリンク /

-日記・雑記

おすすめ

人気エントリー

手相の見方

\ キーワードで探してみてね! /

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5